スタイル画07 ドリス・ヴァン・ノッテン 佐藤真樹

ドリス・ヴァン・ノッテン 2013春夏

ドリス・ヴァン・ノッテン
2013春夏コレクション
イラストレーション

今回は、ドリス・ヴァン・ノッテンの2013年春夏コレクションのイラストレーションを描きました。

 

イラストレーションの描き方

  1. コピー用紙に3B鉛筆でアウトラインを描く
  2. スキャンをして、PCに取り込む
  3. Photoshopで線の太さと濃さを調整
  4. Photoshopで線を整理
  5. Corel Painter Essentials の水彩で着色

このイラストレーションは、「素材感を表現できたら・・・」と思い描いてみました。

スカートは水彩を乾燥し、何度も水彩を重ねてみました。

このイラストレーションは、私が普段描かないタッチの素材感が表現できました。

特に、スカートの素材感の表現が気に入っています。

 

ドリス・ヴァン・ノッテンについて

ドリス・ヴァン・ノッテンは、いつも素材使いがうまいファッションデザイナーです。

ドリス・ヴァン・ノッテンが日本に入ってきたころ、何着か試着しましたが私には似合いませんでした。

ドリス・ヴァン・ノッテンの色使いは、日本人には難しいです。

あの微妙な色使いの服を日本人が着ると、「おばさん」くさくなりがちです。

着る人がおしゃれだとかおしゃれじゃないとかは、関係ないと思います。

ヨーロッパのファッションデザイナーの服は、ヨーロッパの人にしか似合わないことがときどきあります。

ドリス・ヴァン・ノッテンは、そんなファッションデザイナーなのでしょう。