スプリング掲載01 シャツ 佐藤真樹

スプリングに掲載されたシャツ

製品洗いのシャツ

写真のシャツを作った時の、縫製仕様書が残っていました。

原本は、B4サイズの用紙1枚の縫製仕様書です。

このシャツは、製品洗いをしました。

製品洗いをしたシャツは、縮みます。

縮んだ後、指示寸通りになるように型紙を大きく作ります。

カットした布地を洗い、何%縮んだかを計算して縮率を出します。

ファスナーは縮みにくい(縮まない)ので、多少加減して型紙を作ります。

 

縫製仕様書

スプリング掲載02 仕様書 佐藤真樹縫製仕様書

 

このシャツは、日本国内の工場で生産しました。

型紙があるので、とても簡単な仕様書です。

仕様書が簡単だと見間違いが少なくて、縫製ミスが少なくなります。

最近よく見かける、何枚もの縫製仕様書は間違いのもとです。

私が読んでも、見落としてしまうところが必ずあります。

このシャツは、肩傾斜がとてもゆるくできています。

全体的に、ゆったりとしたシャツです。

 

ブランドの立ち上がり

このシャツは、あるブランドが立ち上がったときに作りました。

このシャツ以外にも、シャツやシャツワンピースを中心にたくさんの型を作りました。

ブランドのサイジングやイメージが固まっていく過程が、とても面白かったです。

修正サンプルを作るたびに、完成度が高くなっていきました。

そして、ブランドのイメージが明確になりました。

とてもスリリングな瞬間でした。

このシャツはブランドの特集で、雑誌の「スプリング」に掲載されました。

個人で作った服ではありませんが、やっぱり雑誌に掲載されると嬉しいです。

私は、型紙を担当しました。

シャツの素材は、シャツコールです。