装苑賞1993年4月号 小池千枝先生 佐藤真樹

装苑1993年4月号 小池千枝先生選

1993年、小池千枝先生との対談

佐藤真樹

「エプロンのような服」というテーマでデザイン画をかきました。
1枚の布だけで表現しようと思ったので、立体裁断で形作りをしました。
ただ右袖と肩ひもは、別裁ちになってしまいましたが・・・。

小池千枝先生

右袖を別裁ちにしてしまったのは残念。
デザイン画は、すごく自然で伸びやかにかいてあったので、その絵に表現してある布の流れの雰囲気そのままに作れたらいいなあ、と思って選んだのですが、右袖のところで流れが中断してしまったという感じ。
切込みを入れれば、右袖まで1枚の布でカッティングできたと思うけれど?

佐藤真樹

技術不足で、できませんでした。
右袖だけが取ってつけた感じになってしまい、バランスをくずしたことは事実です。

小池千枝先生

カッティングのおもしろさを1枚の布で表現しようという試みはいいと思います。
あとは、もっと技術を磨いて、デザイン画のイメージどおりに、またそれ以上のものが作品に表現できるようになればいいですね。
素材の選択はいいと思います。何を使ったの?

佐藤真樹

モヘア入りのバラシャです。
全体的なバランスはどうですか?

小池千枝先生

デザイン画はAラインのシルエットだけど、ウエストがシェープされていてめりはりがついていますが、作品はウエストが太すぎて、ズドーンと重くなってしまった。
そのへんも絵に忠実に作ってほしかったですね。

佐藤真樹

帽子を合わせようかどうか、最後まで悩んだのですが・・・。

小池千枝先生

帽子は、より効果的に作品を見せる場合があります。
全体的なコーディネートも非常に大切で、特にヨーロッパのデザイナーは、最後の仕上げを帽子できめることが多いのです。
この作品は衿もとが少し寂しいから、多少大きめの帽子をかぶせてもいいのでは。

 

製作時の思い出

この服は、左肩に仕掛けがしてあります。

左肩は、表地を等じ幅で3つに折りました。

この左肩から、布を前後の身頃に流しました。

このアイディアは、良かったです。

このドレスの問題は、右側です。

右袖を別裁ちにしてしまったのは、今でも悔やまれます。

それから悔やまれるのは、肩紐です。

この2点が、全てをぶち壊してしまいました。

最近私は、古い服をよく見ます。

私自身のアイディアを、形にするときの参考になります。

古い服をそのまま使うのではなく、新しいアイディアを実現するときの参考にできます。

ボタンもファスナーもなく、被って着る服。

人が着ないと、形にならない服。

この2点は、とてもよくできた服です。

当時の私は、自分が描いたデザイン画を自分の技術で作れるように翻訳していました。

デザイン画は、翻訳せずにイメージ通りに見ることが大切です。

小池千枝先生が、「もっと技術を磨いて、デザイン画のイメージどおりに、またそれ以上のものが作品に表現できるようになればいいですね」とおっしゃった通りです。

 

さようなら装苑賞

この作品をもって、私の装苑賞への挑戦は終わりました。

装苑賞は取れなかったけれど、かけがえのない体験ができました。

山本耀司先生は、装苑賞候補に13点選ばれました。

そして装苑賞と、次点の日立賞を受賞しました。

遠藤賞も受賞しました。

私は、装苑賞候補に11点選ばれました。

そして次点の、佳作一位を受賞しました。

並木賞は佳作でした。

山本耀司先生に勝てなかったのが、とても悔しいです。

この作品を最後に、私は就職しました。

山本耀司先生が若かったころのことを回想して、「装苑賞をとった自分が頑張らなくてはいけないと思った」と言っていました。

私は装苑賞佳作1位でしたが、私も頑張らなくてはいけないと思っています。