装苑賞1992年10月号 小池千枝先生 佐藤真樹

装苑1992年10月号 小池千枝先生選

1992年、小池千枝先生との対談

小池千枝先生

スカートの見え方が黒に負けてしまいましたね。
ワンピースとジャケットに押され込まれて動きが止まってしまった。
ワンピースの左脇をもっと上に上げて、動きによって、そこから赤のスカートがふわーっと出てくる感じにしたほうがよかったんじゃないかしら。
素材は?

佐藤真樹

スカートは透明感をねらってシルクオーガンディにしました。
ジャケットとワンピースはオーソドックスな布地を使いたかったので、トロンとした重みのあるクールウールのドスキンを使いました。

小池千枝先生

例えば、タフタみたいな張りのある布で、赤を飛び出す感じにするのだったら、ドスキンでもいいと思うんです。
ただ、あくまでもオーガンディにしたいのだったら、この布では重すぎます。

佐藤真樹

ラフな感じに作りたかったので、スカートはやはりタフタよりは、透明感のあるものにしたかった。
ウールではなく化繊のほうがよかったですか?

小池千枝先生

化繊とはかぎらないと思うけれど、今新しい化繊のものが出ているでしょ、そういうものを使ってみてもおもしろかったかもしれませんね。
ウールにするのだったら、もっと軽い布で軽い仕立てにすべき。
ジャケットの後ろはきれいにドレープが出ているけれど、衿は2重に縫い合わせてあって重く感じます。
ワンピースの斜めにカーブしているラインも、直線的で流れを感じさせません。
デザイン画も決して軽やかとは言えないけれど、作品はまだデザイン画のイメージをこなしていない感じ。
おとなしく、まともになりすぎてしまったようです。

佐藤真樹

作品を作るうえでも、絵をかくときと同じ気分で作れればいいのでしょうが・・・。

小池千枝先生

そうね。
もっと経験を積んで、それを身につけるようにがんばってください。

 

製作時の思い出

このデザイン画を、小池千枝先生に選んでいただきました。

小池千枝先生には以前、デザイン画を選んでいただいたことがありました。

そのときの私は、1ヶ月に3枚のデザイン画が選ばれました。

「短期間に3作品作るのは無理かもしれない」ということで、小池千枝先生が選んでくださったデザイン画を辞退しました。

改めて見ると、不思議なデザイン画です。

デザイン画は、平面的な幾何の構成のように見えます。

そしてこのデザイン画は、無機質です。

しかし作った服は、有機的になってしまいました。

ベストのセーラーカラーに、私はとても苦労しました。

最初私は、セーラーカラーを身頃に挟んでみました。

すると、セーラーカラーがきれいに返ってくれませんでした。

身頃とセーラーからの接ぎ目も、とても汚くなってしまいました。

私は、ベストとワンピースを最初から作り直すことにしました。

最初に使った布地は、タキシードクロスでした。

同じ布を買いに行きましたが、在庫がありませんでした。

それで、ドスキンを使って作り直すことにしました。

タキシードクロスに比べて、かなり重くなってしまいました。

2着目を作ったときは、ショールカラーを応用してセーラーカラーを作りました。

今度は、セーラーカラーがきれいに返ってくれました。

ベストは、表裏ともドスキンを使い無双仕立てにしました。

小池千枝先生から指摘されたように、黒い部分が重くなってしまいました。

ワンピースとベストは、軽い布を使って直線的に作ってもよかったと思います。

このベストはよくできていて、今でも私の家にとってあります。

このベストの縫製は、デザイナーの既製服よりもきれいだと思います。

 

服の注文を、お問い合わせページよりお持ちしております。