装苑1992年8月号 鳥居ユキ先生 佐藤真樹

装苑1992年8月号 鳥居ユキ先生選

1992年、鳥居ユキ先生との対談

佐藤真樹

衿がポイントの服です。
軽く仕上げたかったので、平織りの麻をバイアスに使って一重仕立てにし、体を包み込むようにしました。
そのため、衿はデザイン画のように立たなくなりましたが、芯は貼りたくなかったので、自分ではこれでいいと思っています。
透ける布なのでレースのインナーを着せました。

鳥居ユキ先生

バイアスづかいは軽やかな感じできれいなのですが、デザイン画のイメージからすると、同じ麻でももう少し肉厚で、それでいて透ける感じのほうが丸みのあるシルエットやボリューム感が出たのではないかしら。
衿はあなたの言うように、必ず立たせた状態にしなくてもいいけれど、それにしても弱いと思いませんか?
もっとめりはりをつけたほうがよかったと思う。
肩幅をもう少し狭く、袖を細くすっきりさせるとデザイン画に近いムードが出せたと思います。
全体にはシンプルで軽やかによくできているのだから、その点が残念。
帽子にギャザーを寄せたのはなぜですか?

佐藤真樹

初めはギャザーを寄せないで作っていたのですが、でき上がってかぶってみたら、けっこう重く感じたのでこうしました。

鳥居ユキ先生

大黒様の帽子のようになってしまったのね。
大きなベレーを、かぶせながら形にするのではなくて、どちらかというと小さな分量できちっと作り上げたほうが、シャープな感じが出ますよね。
ドレス、インナー、帽子とそれぞれ質感の違う黒が集まってできているのだから、帽子はサテンの光沢を強調するだけにしておいて・・・。
服は壊れてしまいそうなくらい繊細なイメージがあるから、なおさらきゃしゃな感じのほうがよかったと思います。
どこを強調するか、どこを抑えるか、そのへんをもっと上手に表現できれば、全身が黒でありながら色を感じさせるような、よりすてきな作品になったと思います。

 

製作時の思い出

装苑のこの号から、鳥居ユキ先生が装苑賞の新しい審査員になりました。

鳥居ユキ先生が最初に選んだデザイン画が、私が描いたデザイン画でした。

とても嬉しかったことを、今でも覚えています。

このデザイン画は、細いマーカーで描きました。

下書きなしで、一気に描きました。

顔の輪郭などを描かず、新しい挑戦をしてみました。

このデザイン画はとてもお気に入りで、つい最近まで自宅に飾ってありました。

このデザイン画にはドラマがあって、私は好きなのです。

この服は、完全に立体裁断で作りました。

このドレスの身頃は、1枚の布で構成されています。

左の肩をわ裁ちにして、ゴムシャーリングで縮めました。

すると、衿のとんがりが出来上がりました。

左の袖下は、立体感を出すためにくり抜きました。

仮縫いを文化服装学院の先生に見てもらったとき、「左右の袖の太さが違って、佐藤さんらしくていいじゃない」と言われました。

この袖は、筒を身頃にくっつけただけのイメージです。

そしてこの服を作るとき、布地の耳を使うことを考えていました。

学生の頃の私は、布の耳を積極的に服に使っていました。

しかし、この布の耳は白でした。

風合いは私が見た布の中で、この布が一番よかったです。

そこで私は、布の耳を染色用のペンを使って何度も塗りました。

ついに、どこから見ても真っ黒な布が出来上がりました。

インナードレスには、ケミカルレースを使いました。

この頃ケミカーレースは、ちょっとしたブームになっていました。

私は、どうしてもケミカルレースを使ってみたいと思っていました。

帽子はやはり、鳥居ユキ先生に指摘されてしまいました。

私は、帽子が下手でした。

昔の私は、帽子が似合わないというコンプレックスがありました。

今は、帽子を意識的にかぶるようにしています。

少し、帽子が似合うようになりました。