サンプル17 ジャケット 佐藤真樹

切り替えジャケット(ストライプ)のサンプル

 

こだわった点

ウールギャバジンとキュプラを使って、ジャケットを作りました。

キュプラは、紳士服の袖裏に使われるものを使用しました。

ストライプの生地を探していましたが、イメージに近いものがありませんでした。

紳士服の付属品を見ていたら、かっこいいストライプがありました。

これが、袖裏のキュプラでした。

パターンは、「フェイクファーのジャケットから展開しました。

そして、切り替えを利用してポケットを付けました。

キュプラの部分は、表裏共にキュプラを使い無双仕立てにしました。

ジャケットの背中心は、接いでいます。

前身頃と後ろ身頃の、2枚構成です。

ウールギャバジンとキュプラは、縫製が難しいです。

今見ると、シワや衿の返り線のとんがりなど気になります。

私は、

  1. デザイン
  2. パターン
  3. 縫製

を担当しました。

ジャケットに、裏地は付いていません。

 

バックスタイル

サンプル18 ジャケット 佐藤真樹ジャケットのバックスタイル

 

この服の経緯

このジャケットは、あるブランドに頼まれて作りました。

フェイクファーのジャケットを気に入ってくれた、担当の方に注文していただきました。

袖と前身頃をストライプで切り替えるのは、ブランドからの注文でした。

ブランドと一緒に仕事をすると、普段私が使わないディテールなどを注文されます。

ブランドからの注文は、新しい表現につながることがあるので刺激的なことです。

ただ、ときどきストレスになってしまうこともあります。

嬉しいことに、このジャケットでは刺激を受けることができました。