イラスト 散歩中の猫 佐藤真樹

散歩中の猫のイラスト

最近の私には、優しさがあります。

優しさを取り戻したきっかけは、猫とのふれ合いでした。

近所の猫と遊ぶたびに、私のとげとげした気持ちが猫の柔らかい毛のようになっていきました。

その猫が、亡くなる半年くらい前にりりしい顔を突然私に向けました。

猫のその顔を写真に撮って、何度も眺めました。

その写真の猫の表情からは、猫の気持ちが伝わってきます。

その気持ちは、私に対する励ましだったり感謝でした。

その猫は私がしゃがんで写真を撮ろうとすると、いつも私のひざにすりすりするので写真をうまく撮ることができませんでした。

しかしそのときは私がしゃがんでもすりすりしないで、りりしい顔を私のカメラに顔を向けてくれました。

猫は別れを悟って、私に話しかけてくれたのだと思います。

このとき撮った写真に、猫の気持ちが現れていました。

その後、私は何度かしゃがんで猫の写真を撮りました。

その度に猫は、私のひざにすりすりしました。

猫の絵を描きながら、この猫のことを思い出しています。

 

カテゴリー: