イラスト 半分ジャケットで半分コート 佐藤真樹

半分ジャケットで半分コートのイラスト

服の落書き

会社勤めをしていたとき、私はよく服の落書きをしていました。

多分、ストレスの発散でした。

ファッションデザイナーとして作りたくもない服をデザインするのは嫌なので、私はパタンナーとして生計を立てていました。

私がパタンナーを始めたころ、私にはパタンナーとしてのこだわりはありませんでした。

しかしパタンナーとして一生懸命働いていると、パタンナーとしてのプライドとこだわりが芽生えました。

私は、「パタンナーとして自分に嘘をつきたくない」と思うようになりました。

パタンナーを始めたころ、私はストレスなく生きることができました。

しかし私には、だんだんパタンナーとして働くストレスが芽生えました。

パタンナーとしてのストレスは、

  1. 自分より才能のないデザイナーの型紙を作ること
  2. 服が好きではない営業と仕事をすること
  3. 経営が下手な経営者のもとで働くこと

によって生まれました。

 

アパレル業界は終わっている

服を作って売ることは、仕事のひとつです。

しかし私は勝手に、「アパレル業界で働てはいけない人がいる」と思っています。

働いてはいけない人とは、

  1. 服が好きでない人
  2. 才能がない人
  3. センスが悪い人

たちです。

極端な話かもしれませんが、アパレル業界で働くべきではない人たちが充満したために今のアパレル業界は終わっているのだと思います。

そして今のアパレル業界は、

  1. 服が好きでない人
  2. 才能がない人
  3. センスが悪い人

たちが大きな顔をしています。

私の考えは、大勢の人の批判を受けそうです。

私の意見が偏っていることは、わかります。

しかし一度確認しておきたいことだったので、あえて書いてみました。

 

カテゴリー: