デザイン画 赤いワンピース・ドレス075 佐藤真樹

デザイン画(ランプシェードのような赤いドレス)

デザイン画の描き方

  1. 3Bの鉛筆で下書きをする
  2. 水で薄めた墨汁で線を入れる
  3. 消しゴムで下書きを消す
  4. ソフトパステルで着色する
  5. フィキサチフをスプレーする
  6. 青い色鉛筆で目を描く

KMKケント#200という用紙に、デザイン画を描きました。

筆は、0号の丸筆を使いました。

赤いパステルはホルベインの、

  • c/#175
  • c/#225

を使っています。

 

デザインポイント

このドレスは、トップは小さくウエストでキュッとシェープされています。

そしてランプシェードのようなスカートが、広がります。

ドレスの裾は、少しすぼまっています。

軽やかで、簡単な形のドレスです。

腰の膨らみは、デザイン画のようにアシンメトリーにします。

わざとらしくない、自然に歪んだドレスにしたいです。

 

古いファッションシステム

前回まで

  1. プレタポルテ
  2. コレクション・ショー
  3. 原宿

と、ファッションを古いままにしていると私が考えていることについて書いてきました。

古いファッションシステムの中で私が上手くやっていくことができたなら、多分こんなことは考えませんでした。

古いファッションシステムの中でも上手くやっていける方法は、今でもあります。

実際に古いファッションシステムの中で、成功している企業はあります。

しかし私がやりたいことと、そのことは違います。

本当にファッションデザインをしたい日本人で、上手くいっている人はいるのでしょうか?

少し前までパリコレで活躍していた日本人のファッションデザイナーが、量販店のデザイン(監修?)をしている姿は珍しいものではありません。

大量生産の服とは違った服の作り方を、私は考えている途中です。

 

デザイン画を販売しています。

詳細は、プロフィールをご覧ください。