デザイン画 赤いワンピース・ドレス072 佐藤真樹
0

デザイン画(ドレープのドレス)

デザイン画の描き方

  1. 3Bの鉛筆で下書きをする
  2. 水で薄めた墨汁で線を入れる
  3. 消しゴムで下書きを消す
  4. ソフトパステルで着色する
  5. フィキサチフをスプレーする
  6. 青い色鉛筆で目を描く

KMKケント#200という用紙に、デザイン画を描きました。

 

デザインポイント

身頃から裁ち出された袖を持つ、ドレスです。

このままの袖だと、手をあげることが難しいです。

そこで、ドレープの登場になります。

ドレープが、運動量になってくれます。

シルエットは袖口まで広がり、そこから裾に向かってすぼまります。

 

プレタポルテ

話は変わりますが、これから服を作るにはどういう形がいいのか考えていました。

もう、プレタポルテの時代は終わった感じがします。

プレタポルテは高級既製服の意味ですが、値段だけが高級になってしまいました。

オートクチュールからプレタポルテに変わったように、プレタポルテから安い服の時代に移行したのだと思います。

量産した時点で、ほとんどのブランドが安い服に負けてしまいます。

そこで、「量産しなければいいのではないか」と考えました。

「量産しないで服を作って、生活できればいいかな」と、最近思っています。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest