デザイン画 ワンピース・ドレス041 佐藤真樹

デザイン画(赤いねじれのワンピース)

デザイン画の描き方

  1. 3Bの鉛筆で下書きをする
  2. 水で薄めた墨汁で線を入れる
  3. 消しゴムで下書きを消す
  4. ソフトパステルで着色する
  5. フィキサチフをスプレーする
  6. 青い色鉛筆で目を描く

KMKケント#200という用紙に、デザイン画を描きました。

筆は、0号の丸筆を使いました。

ケント紙に、薄い墨汁でデザイン画を描いています。

割とこの組み合わせも、面白いと思います。

 

デザインポイント

このデザイン画は、服をできるだけ体から離したいワンピースです。

体のシルエットを無視して、衿の立ち上がりを構築的に作りたいワンピースです。

衿から身頃にかけてのねじりは、エッジを効かせてシャープに仕立てます。

私が文化服装学院に通っていたころは、体を無視したシルエットの服をよくデザインしました。

生々しい身体のシルエットを、できるだけ人工的なシルエットに置き換えたいという要求が強かったのです。

このデザイン画は、人工的なシルエットとは対照的に腕と足は生身のままです。

私は美しさという点で、自然をあまり信用していないところがありました。

前回、学生時代にデザインしたワンピースのデザイン画を描いて、学生時代の考えをいろいろ思い出しました。

デザイン画を描くとき、私は具体的な何かを考えることはありません。

多分、私は落書きのようにデザイン画を描いています。

しかし普段考えていることや意識していることが、無意識のうちにデザイン画にあらわれるようです。

 

このデザイン画のアイディアは、「3種類のドレスのアイディア」に描いてあります。

 

デザイン画を販売しています。

詳細は、プロフィールをご覧ください。