デザイン画 ジャケット024 佐藤真樹
0

デザイン画(ジャケットとワンピース)

デザイン画の描き方

  1. 3B鉛筆で下書きする
  2. 筆ペンで線を入れる
  3. 消しゴムで下書きを消す
  4. ソフトパステルで着色する
  5. フィキサチフをスプレーして、パステルを定着させる
  6. 色鉛筆で目を着色する

久しぶりに黒い服を描きました。
黒だけでも、グラデーションが出てくれました。

 

デザインポイント

小さいジャケットと、ボリュームのあるワンピースのコーディネートです。
昔からある、着方です。

エンパイア・スタイルについて調べたところ、このコーディネートのルーツは19世紀にありそうです。

いろいろなブランドが、ワンピースにジャケットを重ねる着方を提案しています。
「やり尽くされたコーディネート」と言ってよいでしょう。

このありきたりのスタイルを、新しく見えるようにしたいです。

ブログを始めてから、デザイン画を描いて、そのデザインポイントを考えるようになりました。
自分が無意識に描いたデザイン画を、言語化するいいトレーニングになっています。

デザイン画を描く段階では、考えやシルエットはふわふわしています。
シルエットは絵になって、初めて具体化します。
服に対する考えも、デザインポイントを考えて、初めて具現化します。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest