デザイン画 ボレロ013 佐藤真樹

デザイン画(黒いボレロと黒いワンピース)

デザイン画の描き方

  1. 3B鉛筆で下書きする
  2. 筆ペンで線を入れる
  3. 消しゴムで下書きを消す
  4. ソフトパステルで着色する
  5. フィキサチフをスプレーして、パステルを定着させる
  6. 色鉛筆で目を着色する
  7. スキャナーでPCに取り込む
  8. フォトッショプでノイズを加える(ノイズを加える5%)
  9. フォトショップでぼかしを入れる(ガウス0.5pixel)

今回はデザイン画に、フォトショップでフィルターをかけてみました。

モニターに表示したときになじむようにしてみましたが、いかがでしょうか?

私は、デザイン画に靴を描きません。

文化服装学院の同級生に、絵がとてもうまい学生がいました。

その同級生に私のデザイン画を見てもらったとき、「佐藤さんの作りたいものを、大きく描いた方がいいですよ。靴を作りたいわけじゃないでしょ。」と言われました。

それ以来、紙からはみ出すくらいに大きくデザイン画を描いています。

 

デザインポイント

ボレロをキモノスリーブにして、流れるような肩線を作ります。

そして、ボレロの前端から後ろの裾のカーブをおもしろく作ります。

細長いワンピースに、短いボレロを重ねます

デザイン画ではボレロもコンパクトですが、トワルを組んでボレロの分量感を決めます。

服作りは、デザイン画だけでは完結しないことが多いです。

 

このデザイン画のアイディアは、「ワンピース・シリーズ3型のアイディア」に描いてあります。