デザイン画 ドレス012 佐藤真樹

デザイン画(右に傾いた黒いドレス)

デザイン画の描き方

  1. 3B鉛筆で下書きする
  2. 筆ペンで線を入れる
  3. 消しゴムで下書きを消す
  4. ソフトパステルで着色する
  5. フィキサチフをスプレーして、パステルを定着させる
  6. 色鉛筆で目を着色する

このデザイン画は、ケント紙に描きました。

デザイン画は、綺麗に描くことが大切なのではありません。

ファッションデザイナーの思いが、表現されていなければいけません。

見栄を張るために綺麗なデザイン画を描かせようとする人がいますが、これはいけません。

服を作ろうと思ったら、デザイン画の何倍もの労力が必要です。

そこに、時間をかけるべきだと思います。

 

デザインポイント

このデザイン画は、右身頃にだけ分量があるドレスです。

割と普通に見えるけれど、一緒にいると違和感を感じるドレスにしたいです。

重くならないように、軽やかに作りたいドレスです。

イメージ的には、かぶって着られるドレスです。

私はドレスを作るとき、できるだけファスナーやボタンを使いたくありません。

できれば、明きがない服を作りたいのです。

分量や実用性を考えると、どこかに明きをつけた方がいいのだとは思います。

でも、できるだけ明きがない服を作りたいのです。

 

このデザイン画のアイディアは、「ドレスとコートのアイディア」に描いてあります。

 

デザイン画を販売しています。

詳細は、プロフィールをご覧ください。