デザイン画 ロングコート006 佐藤真樹

デザイン画(ピンクのロングコート)

デザイン画の描き方

  1. コピー用紙に3B鉛筆でアウトラインを描く
  2. スキャンをして、PCに取り込む
  3. Photoshopで線の太さと濃さを調整
  4. Corel Painter Essentials の水彩で着色

このデザイン画は、ペインターというソフトで着色しています。

ペインターの水彩は、淡いグラデーションを描けるので好きでした。

ペインターエッセンシャルズがmac OSで不具合なく動けばいいのですが、少し不安があります。

私の使い方はスキャンした絵に着色するだけなので、ペインター 2017ほどの機能はなくていいのです。

ペインターエッセンシャルズの機能で、私には十分なのです。

ペインターエッセンシャルズを、最新のmac OSに対応させて欲しいと思います。

 

デザインポイント

このデザイン画は、少しいびつな形のコートです。

左右微妙に、形がずれています。

普通のロングコートのようですが、「ちょっと普通じゃない」を表現したいです。

私のデザイン画には、ダーツや切り替え線がほとんど入っていません。

服にしたとき、「ダーツや切り替え線が目立って欲しくない」という気持ちがあるからです。

立体裁断したり型紙にするとき、「一番いい方法を探りたい」という気持ちもあります。

私はコートやジャケットを、左上前に描きます。

通常は、レディースは右上前になります。

しかし、服のあきに性差を表現する必要はないと私は思います。

「ジェンダーレス」と言いながら、右上前の服が多すぎます。

 

デザイン画を販売しています。

詳細は、プロフィールをご覧ください。