デザイン画 チェックのワンピース001 佐藤真樹

デザイン画(ピンクのチェックのワンピース)

デザイン画の描き方

  1. コピー用紙に細いマーカーでアウトラインをかく
  2. コピー用紙をしわくちゃに丸め、伸ばす
  3. スキャンして、PCに取り込む
  4. Corel Painter Essentials の水彩で着色

私は、ペインターというソフトの水彩を気に入って使っていました。

ペインターは、水彩で描いてからソフト上で乾燥させることができます。

乾燥させた上からさらに水彩で描くと、色が重なった部分が少し濃くなります。

この作業を繰り返すと、ギンガムチェックのような柄を簡単に描くことができます。

最近iMacのOSをバージョンアップしたら、ペインターを使えなくなってしまいました。

非常に、残念です。

 

デザインポイント

このデザイン画を私は多くの人に見せましたが、とても好評でした。

私が普段描くデザイン画と違い、軽やかさと可愛らしさがあるからでしょうか?

1度実物を作ったことがあったのですが、そのときは私の力不足でうまく表現できませんでした。

むずかしく考えてしまったことも、失敗の原因だったと思います。

今度作る機会があったら、「いとも簡単に作っているように見える」ワンピースにしたいです。

バッスルのような下着を作り、リボンをつければ安定しそうです。

しかし、下着なしの場合どうでしょう?

服を作るとき、19世紀のような下着を作ればいろいろな形を作れます。

しかしコルセットを外してスカート部分の下着を外すと、形を作るのが難しくなります。

一枚の服をさらりと着てリボンをつけたら、ワンピースが垂れてしまいます。

新しことをやろうとしているのに、古いテクニックを使ってしまうことはしゃくにさわります。

新しいテクニックを、考えることにします。